伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
LANGUAGE
首頁 > 旅遊雜誌 > 大分縣 > 猜猜看,螞蟻地獄、鱷魚地獄、水豚地獄,三者在別府的“地獄之旅”中,哪一個是實際存在的地獄呢?

観光スポット 大分県 地獄めぐり

猜猜看,螞蟻地獄、鱷魚地獄、水豚地獄,三者在別府的“地獄之旅”中,哪一個是實際存在的地獄呢?

2021/03/05

 

即便是在溫泉的數量及溫泉的湧出量位居日本第一的大分縣,別府市也因其溫泉數量眾多而在這裡尤為出名。在別府市的這塊土地上,從1000多年前開始一直到現在都還在持續湧出熱氣、熱泥及溫泉熱水,而人們看著這恐怖的景象,將其視為地獄。別府市內有數百個溫泉,其中不僅有可供悠閒泡湯的溫泉,還有可供觀賞的溫泉。“地獄之旅”就是將溫泉比作地獄,一個接一個逛溫泉的旅行。

因溫泉水中含有的物質成分不同,所以各個溫泉會呈現出藍色、紅色、白色等各種不同的顏色。還有一些溫泉會定期噴湧出熱水。觀賞各種極富特色的溫泉正是別府觀光項目中的招牌和亮點之一。別府市內有非常多被稱為地獄的溫泉。其中的海地獄、血池地獄、白池地獄、龍卷地獄更被指定為國家名勝。

海地獄は硫酸鉄の作用でコバルトブルーの色になった温泉です。一見涼しそうな色ですが、温泉の温度は98度もあるので、竹籠に卵を入れて茹でた温泉卵が名物になっています。

在硫酸鐵的作用下,使得海地獄的溫泉水呈現出鈷藍色。雖然顏色看似很涼爽,但其實溫泉的溫度高達攝氏98度,這裡的特產是裝在竹籃子裡用溫泉水煮熟的溫泉蛋。

血の池地獄は、酸化鉄が化学反応をおこして真っ赤な熱泥が池底で噴き出しているので、池一面が赤く染まった血のように見えます。

而血池地獄則是因為氧化鐵發生了化學反應,使得深紅色的熱泥從池底噴湧而出,所以整個池子看起來就像是被染紅了的鮮血一樣。

白池(しらいけ)地獄は、噴き出る熱泉は無色透明ですが、池に落ちると白獨する温泉です。白池地獄には温泉熱を使った熱帯魚館があります。

雖然在白池地獄噴出的熱泉水是呈現無色透明的,但熱泉水落入池裡後就會變成渾濁的白色。白池地獄裡有一個利用了溫泉熱能的熱帶魚館。

龍巻地獄は約30分間隔で噴き出す間欠泉です。噴き出した熱泉は100℃を超え、50m以上の噴き出す力があるので、危険防止のために天井や周囲が石で覆われています。

龍卷地獄是一個大概每半個小時就會有泉水噴湧而出的間歇泉。噴湧而出的熱泉溫度超過了100℃,噴出的溫泉水高達50m以上。為了防止危險,頂棚及四周都用石頭覆蓋。

天然坊主地獄は高温の泥が煮えたぎり、ボコボコと湧き上がる泥の光景が坊主(お坊さん)の頭のように見えるので名付けられました。血の池地獄、龍巻地獄と並んで別府三大地獄の1つに数えられていて、大分県の天然記念物にも指定されています。

天然坊主地獄是因為高溫的溫泉泥咕嘟咕嘟地沸騰,不斷冒泡翻湧,看起來就像是坊主(日文的和尚)的腦袋一樣,所以才有了這個名字。天然坊主地獄與血池地獄、龍卷地獄並稱為別府三大地獄,也被指定為大分縣的天然紀念物。

鬼山地獄はワニを飼育しています。別名「ワニ地獄」と呼ばれています。

鬼山地獄裡飼養著鱷魚,所以又被稱為“鱷魚地獄”。

山地獄には岩山のいたるところから白い蒸気が噴き出しています。山地獄ではカバ、カピバラ、ポニー、ウサギなどが飼育されていて餌あげ体験も可能です。

在山地獄,在岩山的各個地方噴出著白色的蒸汽。這裡還飼養著河馬、水豚、矮種馬、兔子等動物,可以進行給動物們的餵食體驗。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る