伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
首頁 > 旅遊雜誌 > 三重縣 > [三重忍者村]好消息好消息!想要成為忍者的人快看過來!在三重縣的山中有個可以進行忍者修行的地方,在那裡可以學習手裡劍(飛鏢)的投擲以及水上行走的方法。

伊賀忍者の里(赤目八十八滝)

[三重忍者村]好消息好消息!想要成為忍者的人快看過來!在三重縣的山中有個可以進行忍者修行的地方,在那裡可以學習手裡劍(飛鏢)的投擲以及水上行走的方法。

2021/02/07

 

三重縣西部的伊賀地區是“伊賀忍者”的大本營。而隔座山的“甲賀忍者”,以滋賀縣南部為大本營,這兩派均為忍者當中的知名流派。

“忍者之森”(忍者村)位於三重縣名張市“赤目四十八瀑布”的山腳下,是個可以體驗伊賀忍者修行的地方。在“忍者之森”(忍者村)還可以租借忍者的服裝。

「赤目四十八滝」は、戦国時代(16世紀)、伊賀忍者の祖・百地丹波(ももちたんば)が忍術の修行をしていたところです。百地丹波はアメリカのワシントンDCにある「国際スパイ博物館」でもスパイの祖として扱われるほどの忍者です。

“赤目四十八瀑布”是日本戰國時期(16世紀),伊賀忍者的創始人百地丹波進行忍術修行的地方。百地丹波是一位非常厲害的忍者,甚至被位於美國華盛頓哥倫比亞特區的“國際間諜博物館”喻為間諜的始祖。

百地丹波が修行中に不動明王が赤い目の牛に乗って現れたという伝承が残っているので、この周辺の地域は「赤目」と呼ばれるようになったといわれています。

因為流傳著百地丹波在修行中見到不動明王騎著紅眼牛現身的傳說,所以這週邊的區域就被稱作“赤目”。

赤目四十八滝の入口に「日本サンショウウオセンター」があります。赤目四十八滝の渓谷に棲息している国の特別天然記念物の「オオサンショウウオ」が飼育展示されています。「忍者の森」の修行者は無料で入館できます。

赤目四十八瀑布的入口處建立有“日本山椒魚中心”。這裡飼養著棲息在赤目四十八瀑布的溪谷當中的國家特別天然紀念物“大山椒魚(大鯢)”。“忍者之森”(忍者村)的修行者可以免費入館。

屋敷に忍び込むための忍術が「侵入の術」です。ロープにまたがり足をひっかけて、もう一方の足でバランスをとりながら前に進みます。

潛入別人住宅而施展的忍術就叫“潛入之術”。施展這個忍術時,會將腿掛在一條繩子上,用另一條腿來控制平衡,並按照這個姿勢前進。

直径約65㎝の浮力のある履物を使って水の上をアメンボのように渡る忍術が「水蜘蛛の術」です。赤目四十八滝の渓谷を流れる滝川にロープを張って幅約10mの川を渡ります。

穿著直徑約65cm的浮力鞋,像水蜘蛛一樣在水面穿行的忍術就叫做“水蜘蛛之術”。 修行者在流經赤目四十八瀑布的滝川河面上拉一條繩子,再利用這條繩子渡過河寬約10m的滝川。

敵に見立てた木の人形に目がけて鉄製の手裏剣を投げます。忍者が手裏剣を投げる時は正しくは「投げる」ではなく「打つ」といいます。「手裏剣の術」の心得には、「迷わず打つべし! 目を離さず打つべし! 外せば死ぬだけ!」とあります。

瞄準事先準備好的練習用木人,投擲出鐵製的手裡劍(飛鏢)。正確來說,忍者投擲手裡劍(飛鏢)時,並不是用“投”的,而是用“射”的。“手裡劍(飛鏢)之術”的要點是“要毫不猶豫地射出!要緊盯目標射擊!沒射中只有死路一條!”

すべての修行がクリアすると赤目流伊賀忍者の「免許皆伝の書」が授与されます。

完成了所有修行後,會被授予赤目流伊賀忍者的“忍者結業證書”。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る