伊坂プレス トラベルマガジン

注册账号 登录
首页 > 旅游杂志 > 三重县 > [三重忍者村]好消息好消息!想要成为忍者的人快看过来!在三重县的山中有个可以进行忍者修行的地方,在那里可以学习手里剑(飞镖)的投掷以及水上行走的方法。

伊賀忍者の里(赤目八十八滝)

[三重忍者村]好消息好消息!想要成为忍者的人快看过来!在三重县的山中有个可以进行忍者修行的地方,在那里可以学习手里剑(飞镖)的投掷以及水上行走的方法。

2021/02/07

 

三重县西部的伊贺地区是“伊贺忍者”的大本营。而隔座山的“甲贺忍者”,以滋贺县南部为大本营,这两派均为忍者当中的知名流派。

“忍者之森”(忍者村)位于三重县名张市“赤目四十八瀑布”的山脚下,是个可以体验伊贺忍者修行的地方。在“忍者之森”(忍者村)还可以租借忍者的服装。

「赤目四十八滝」は、戦国時代(16世紀)、伊賀忍者の祖・百地丹波(ももちたんば)が忍術の修行をしていたところです。百地丹波はアメリカのワシントンDCにある「国際スパイ博物館」でもスパイの祖として扱われるほどの忍者です。

“赤目四十八瀑布”是日本战国时期(16世纪),伊贺忍者的创始人百地丹波进行忍术修行的地方。百地丹波是一位非常厉害的忍者,甚至被位于美国华盛顿哥伦比亚特区的“国际间谍博物馆”喻为间谍的始祖。

百地丹波が修行中に不動明王が赤い目の牛に乗って現れたという伝承が残っているので、この周辺の地域は「赤目」と呼ばれるようになったといわれています。

因为流传着百地丹波在修行中见到不动明王骑着红眼牛现身的传说,所以这周边的区域就被称作“赤目”。

赤目四十八滝の入口に「日本サンショウウオセンター」があります。赤目四十八滝の渓谷に棲息している国の特別天然記念物の「オオサンショウウオ」が飼育展示されています。「忍者の森」の修行者は無料で入館できます。

赤目四十八瀑布的入口处建立有“日本山椒鱼中心”。这里饲养着栖息在赤目四十八瀑布的溪谷当中的国家特别天然纪念物“大山椒鱼(大鲵)”。“忍者之森”(忍者村)的修行者可以免费入馆。

屋敷に忍び込むための忍術が「侵入の術」です。ロープにまたがり足をひっかけて、もう一方の足でバランスをとりながら前に進みます。

潜入别人住宅而施展的忍术就叫“潜入之术”。施展这个忍术时,会将腿挂在一条绳子上,用另一条腿来控制平衡,并按照这个姿势前进。

直径約65㎝の浮力のある履物を使って水の上をアメンボのように渡る忍術が「水蜘蛛の術」です。赤目四十八滝の渓谷を流れる滝川にロープを張って幅約10mの川を渡ります。

穿着直径约65cm的浮力鞋,像水蜘蛛一样在水面穿行的忍术就叫做“水蜘蛛之术”。 修行者在流经赤目四十八瀑布的滝川河面上拉一条绳子,再利用这条绳子渡过河宽约10m的滝川。

敵に見立てた木の人形に目がけて鉄製の手裏剣を投げます。忍者が手裏剣を投げる時は正しくは「投げる」ではなく「打つ」といいます。「手裏剣の術」の心得には、「迷わず打つべし! 目を離さず打つべし! 外せば死ぬだけ!」とあります。

瞄准事先准备好的练习用木人,投掷出铁制的手里剑(飞镖)。正确来说,忍者投掷手里剑(飞镖)时,并不是用“投”的,而是用“射”的。“手里剑(飞镖)之术”的要点是“要毫不犹豫地射出!要紧盯目标射击!没射中只有死路一条!”

すべての修行がクリアすると赤目流伊賀忍者の「免許皆伝の書」が授与されます。

完成了所有修行后,会被授予赤目流伊贺忍者的“忍者结业证书”。

 

本文作者

どもども

您需要登录才能对文章发表评论

ページのトップへ戻る