伊坂プレス トラベルマガジン

アカウント作成 ログイン
LANGUAGE
ホーム > トラベルマガジン > 北海道 > 流氷の天使「クリオネ」の悪魔のような捕食シーンが怖すぎる!頭が大きくパカッと割れてバッカルコーンが飛び出してくる!

ク流氷の天使 流氷の妖精 リオネ バッカルコーン 悪魔 

流氷の天使「クリオネ」の悪魔のような捕食シーンが怖すぎる!頭が大きくパカッと割れてバッカルコーンが飛び出してくる!

2021/03/24

 

北海道の東、オホーツ海沿岸の冬の風物詩といえば流氷です。「流氷と共にやって来て、流氷と共に去る」といわれるクリオネは、半透明で頭部と腹部が赤く、翼を広げてパタパタとはばたかせるようにして泳ぐ様子から「流氷の天使」とか「流氷の妖精」と呼ばれています。

クリオネの学名 クリオネ・リマキナ(Clione limacina)ギリシャ神話に登場する海の女神の名前 リマキナはナメクジ 和名はハダカカメガイ(裸亀貝) 巻貝の仲間 水温は0℃から5℃が適温 大きさは1cmから3cm程度 左右に張った翼のような足(翼足)

クリオネの学名は「クリオネ・リマキナ(Clione limacina)」です。クリオネは“ギリシャ神話に登場する海の女神の名前”から、リマキナは“ナメクジのような”と訳され、「ナメクジのような海の女神」の意です。和名は「ハダカカメガイ(裸亀貝)」といい、巻貝の仲間です。生まれた頃のクリオネは貝殻を持っていますが、成長するにつれて無くなります。水温は0℃から5℃が適温といわれていて、大きさは1cmから3cm程度と小さいです。左右に張った翼のような足(翼足)を羽ばたくようにして水中を泳ぎます。

ミジンウキマイマイを見つけると、頭部からバッカルコーンと呼ばれる6本の触手を伸ばして捕食する ミジンウキマイマイだけしか食ない 何も食べなくても一年程度は生きていることができる

「流氷の天使」という可愛いい外見とは似合わずに肉食です。同じ貝類のミジンウキマイマイを見つけると、頭部からバッカルコーンと呼ばれる6本の触手を伸ばして捕食します。ミジンウキマイマイだけしか食べません。何も食べなくても一年程度は生きていることができるといわれていますが、その生態についてはまだはっきりと分かっていません。

それまでクリオネは深海に生息していると考えられていた 1990年頃の冬、北海道網走市の海岸を歩いていた主婦が拾って来た昆布にクリオネが付着していたのをオホーツク水族館に連絡した 海岸でもクリオネが採取できるとクリオネ採りのブームが起こった

それまでクリオネは深海に生息していると考えられていましたが、1990年頃の冬、北海道網走市の海岸を歩いていた主婦が、夕晩のおかずとして拾って来た昆布にクリオネが付着していたのをオホーツク水族館(2002年閉館)に連絡して、水族館の職員がクリオネを採取するために海岸へ向かいました。海岸でもクリオネが採取できるとクリオネ採りのブームが起こりました。当時のオホーツ水族館の館長が「流氷の天使」と命名しました。

北海道紋別市 オホーツク流氷科学センター クリオネが通年で展示してある

北海道紋別市の「オホーツク流氷科学センター」と網走市の「オホーツク流氷館」で、一年を通してクリオネの鑑賞ができます。

 

この記事を書いた人

どもども

記事にコメントするにはログインが必要です

ページのトップへ戻る