伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
LANGUAGE
首頁 > 旅遊雜誌 > 北海道 > 流冰天使“clione裸海蝶”如同惡魔般的捕食場景太可怕了!頭部裂開成兩大半,並快速伸出buccal cone(口錐)!

ク流氷の天使 流氷の妖精 リオネ バッカルコーン 悪魔 

流冰天使“clione裸海蝶”如同惡魔般的捕食場景太可怕了!頭部裂開成兩大半,並快速伸出buccal cone(口錐)!

2021/03/24

 

說到北海道東部鄂霍克次海沿岸的冬季風物詩,那非流冰莫屬。被認為“與流冰一起到來,隨流冰一同消失”的裸海蝶有著半透明的身體以及紅色的頭部和腹部,因為其游動時看起來像是張開並扇動翅膀一樣,所以被人們稱為“流冰天使”或“流冰妖精”。

クリオネの学名 クリオネ・リマキナ(Clione limacina)ギリシャ神話に登場する海の女神の名前 リマキナはナメクジ 和名はハダカカメガイ(裸亀貝) 巻貝の仲間 水温は0℃から5℃が適温 大きさは1cmから3cm程度 左右に張った翼のような足(翼足)

裸海蝶的學名是“clione limacina”。clione是希臘神話中海之女神的名字,limacina被譯為“如同鼻涕蟲”,也就是像鼻涕蟲一樣的海之女神的意思。其日本名字叫做“裸龜貝”,屬於螺類。剛出生的裸海蝶是有貝殼的,但貝殼會在生長當中逐漸消失。據說其最適合溫度是0℃~5℃,身長僅有1cm~3cm。它靠扇動長在身體左右兩側像翅膀一樣的足部(翼足)來在水中游動。

ミジンウキマイマイを見つけると、頭部からバッカルコーンと呼ばれる6本の触手を伸ばして捕食する ミジンウキマイマイだけしか食ない 何も食べなくても一年程度は生きていることができる

與“流冰天使”可愛外觀所不相配的是它是食肉動物。當它發現了同屬貝類的海蝴蝶後,它就會從頭部伸出被稱為buccal cone(口錐)的6條觸手來捕食。它的食物只有海蝴蝶。據說它在什麼都不吃的情況下還能生存1年左右,但目前人們還未弄清它的生存機制。

それまでクリオネは深海に生息していると考えられていた 1990年頃の冬、北海道網走市の海岸を歩いていた主婦が拾って来た昆布にクリオネが付着していたのをオホーツク水族館に連絡した 海岸でもクリオネが採取できるとクリオネ採りのブームが起こった

以前人們一直認為裸海蝶生息在深海中。但1990年冬,北海道網走市的一位家庭主婦發現自己從海邊撿回來當做晚餐小菜的海帶上附著有裸海蝶,並將此情況報告給了鄂霍次克水族館(2002年閉館)。於是水族館員工前往當地海岸採集裸海蝶。公眾聽說海岸也能採集到裸海蝶,於是掀起了一股採集裸海蝶的熱潮。當時鄂霍次克水族館館長將裸海蝶命名為了“流冰天使”。

北海道紋別市 オホーツク流氷科学センター クリオネが通年で展示してある

北海道紋別市的“鄂霍次克流冰科學中心”和網走市的“鄂霍次克流冰館”可以常年觀賞到裸海蝶。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る