伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
LANGUAGE
首頁 > 旅遊雜誌 > 佐賀縣 > 聽的見彌生時代的聲音!化身考古博士遊玩吉野里遺址公園!

佐賀県 吉野ヶ里遺跡 

聽的見彌生時代的聲音!化身考古博士遊玩吉野里遺址公園!

2021/02/22

 

“吉野里遺跡”是在日本歷史教科書中經常提到的彌生時代(公元前3世紀到公元3世紀)的代表性遺址。該遺址從1986年開始進行開挖,覆蓋了佐賀縣東部與脊振南麓的丘陵地帶,是一個涵蓋範圍約40公頃的日本國內最大遺址。

吉野里遺址橫跨了約700年的彌生時代,透過吸收大陸文化,由最初的幾個小“村落”漸漸發展成為了征服數個“村落”的“國家”,此遺址在學術上有著非常寶貴的價值,因此也被指定為了國家特別古蹟。現在吉野里遺址及其周圍的117公頃土地都被修整建成了“吉野里歷史公園”。

吉野ヶ里遺跡は大規模な環濠集落です。環濠集落とは、敵の侵入を防ぐために集落の周りに濠(堀)を巡らせて、柵で囲んだ集落のことです。弥生時代に大陸から稲作が伝わったことによって、集落間で土地や水をめぐる争いが起こるようになり、環濠を作って集落を防御するようになりました。吉野ヶ里遺跡の環濠は全長2.5kmにも及んでいて、濠(堀)や柵が復元されています。

吉野里遺址是一個大規模的環濠村落。所謂的環濠村落是指為了防止敵人入侵而在村落周圍修建壕溝(護城河),用護欄圍起來的村落。自從水稻在彌生時代從大陸傳到日本後,村落間常常發生圍繞土地和水源的紛爭,所以人們就開始修建壕溝,以此來防禦和保護村落。吉野里遺址的環濠全長2.5km,壕溝(護城河)和圍欄都得到了復原。

「吉野ヶ里歴史公園」として整備されていて、物見櫓、竪穴住居、高床式の住居や倉庫など、弥生時代の建物が98棟復元されています。

在修整後建成的“吉野里歷史公園”裡,彌生時代的建築物有98棟都得到了復原,其中包含了瞭望哨站、豎坑式草屋、干欄式建築和倉庫等。

古代中国の歴史書『三国志』(「魏志倭人伝」)によれば、弥生時代の日本(当時、日本は「倭」と呼ばれていました)には、30余りの小国を従えた「邪馬台国」という国があって、女王「卑弥呼」が霊力と占いで国を統治していました。その所在地については北九州と畿内の2説がありますが、北九州説を採用した場合、吉野ヶ里遺跡が邪馬台国ではないかといわれています。吉野ヶ里遺跡には大規模な祭殿跡が発見されています。

據古代中國的歷史書《三國志》(<魏志倭人傳>)記載,在彌生時代的日本(當時的日本被稱為“倭”),有一個征服了30多個小國的“邪馬台國”,邪馬台國的女王靠著靈力和占卜統治著整個王國。關於邪馬台國的所在地,有北九州和畿內2種說法。如果以北九州的說法來看的話,那麼吉野里遺址應該就是邪馬台國。吉野里遺址裡發現了大規模的祭殿遺址。

北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)には、青銅の剣やガラス製の管玉など貴重な副葬品が納められていたので、吉野ヶ里を治めていた歴代の王の墓と考えられています。北墳丘墓の内部は展示室となっていて、発掘された状態の墳墓と甕棺(かめかん)を見学することができます。

北墳丘墓裡埋藏有青銅劍、玻璃製管狀玉石等貴重陪葬品,所以這裡被認為是統治了吉野里的歷代國王的陵墓。北墳丘墓的內部已經改建成了展示室,在這裡可以參觀遺跡剛被發掘時的墳墓和甕棺。

縄文時代は、人が死ぬと地面に穴を掘って直接遺体を埋めていましたが、弥生時代になると、甕棺などに遺体を入れて埋めていました。

在繩紋時代,人死後會在地面上挖一個洞穴,直接將遺體掩埋進去,但到了彌生時代,人們會將遺體放入甕棺後再進行掩埋。

勾玉(まがたま)作り、土笛作り、火おこしなど、弥生時代の生活が体験できるブログラムもたくさんあります。

園內有非常多可以體驗彌生時代生活的遊玩項目,例如製作勾玉、土笛以及生火等體驗。

吉野ヶ里歴史公園は、遺跡だけではなく、物見櫓風の展望台やローラー滑り台、アスレチックなど、たくさんの巨大遊具があるエリア、スポーツやバーベキューが楽しめるエリアなどがあって、子供から大人まで楽しむことができます。

吉野里歷史公園不僅只是一個遺址,裡面還有哨站風格的瞭望台、滾輪式滑梯、運動器械等有著大型玩具的區域,以及可以進行運動和BBQ的區域等,無論是大人或小孩都能從中找到樂趣。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る