伊坂プレス トラベルマガジン

アカウント作成 ログイン
LANGUAGE
ホーム > トラベルマガジン > 大分県 > クイズです。アリ地獄、ワニ地獄、カピバラ地獄。別府の「地獄めぐり」で実際に存在する地獄はどれでしょうか?

観光スポット 大分県 地獄めぐり

クイズです。アリ地獄、ワニ地獄、カピバラ地獄。別府の「地獄めぐり」で実際に存在する地獄はどれでしょうか?

2021/03/05

 

温泉数と湧出量が日本一の「おんせん県」こと大分県でも、特に温泉数が多いことで知られる別府市には、1000年以上も昔から噴気、熱泥、熱湯が噴出していて、その光景は地獄として恐れられていました。別府市内には数百の温泉があって、ゆっくり湯に浸かる温泉だけではなく、目で見て楽しむ温泉もあります。それが温泉(源泉)を地獄に譬えて見てまわる「地獄めぐり」です。

含有物の違いによって青、赤、白などのさまざまな色に変化した温泉や、定期的に熱湯が噴き出す温泉など、特色ある温泉を見てまわるのが別府観光の目玉のひとつになっています。別府市内にはたくさんの地獄と呼ばれる温泉がありますが、海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は、国の名勝に指定されています。

地獄めぐり 海地獄 コバルトブルー 温泉たまご

海地獄は硫酸鉄の作用でコバルトブルーの色になった温泉です。一見涼しそうな色ですが、温泉の温度は98度もあるので、竹籠に卵を入れて茹でた温泉卵が名物になっています。

地獄めぐり 血の池地獄

血の池地獄は、酸化鉄が化学反応をおこして真っ赤な熱泥が池底で噴き出しているので、池一面が赤く染まった血のように見えます。

地獄めぐり 白池地獄

白池(しらいけ)地獄は、噴き出る熱泉は無色透明ですが、池に落ちると白獨する温泉です。白池地獄には温泉熱を使った熱帯魚館があります。

地獄めぐり 龍巻地獄

龍巻地獄は約30分間隔で噴き出す間欠泉です。噴き出した熱泉は100℃を超え、50m以上の噴き出す力があるので、危険防止のために天井や周囲が石で覆われています。

地獄めぐり 天然坊主地獄

天然坊主地獄は高温の泥が煮えたぎり、ボコボコと湧き上がる泥の光景が坊主(お坊さん)の頭のように見えるので名付けられました。血の池地獄、龍巻地獄と並んで別府三大地獄の1つに数えられていて、大分県の天然記念物にも指定されています。

大分県 地獄めぐり 鬼山地獄 ワニ地獄

鬼山地獄はワニを飼育しています。別名「ワニ地獄」と呼ばれています。

大分県 地獄めぐり 山地獄

山地獄には岩山のいたるところから白い蒸気が噴き出しています。山地獄ではカバ、カピバラ、ポニー、ウサギなどが飼育されていて餌あげ体験も可能です。

 

この記事を書いた人

どもども

記事にコメントするにはログインが必要です

ページのトップへ戻る