伊坂プレス トラベルマガジン

アカウント作成 ログイン
LANGUAGE
ホーム > トラベルマガジン > 富山県 > 黒部峡谷のトロッコ列車に乗る前に見どころをチェックしたよ!黒部峡谷沿線の定番スポット8選!

黒部峡谷 黒部峡谷鉄道 紅葉

黒部峡谷のトロッコ列車に乗る前に見どころをチェックしたよ!黒部峡谷沿線の定番スポット8選!

2020/12/09

 

黒部峡谷は、富山県岐阜県長野県新潟県の4県にまたがる飛騨山脈(通称、北アルプス)で、その中でも富山県の東部に流れる黒部川の中流から上流部にある日本で最も険しい大規模なV字形の谷です。黒部峡谷には、トロッコ列車が走っています。「トロッコ」とは、工事現場から土砂や石などを運搬する貨車のことで、英語のトラックが語源です。

黒部峡谷のトロッコ列車は、もともと1923年からダム建設の資材を運搬する作業用列車として運行していました。1953年からは旅客用列車としても運行するようになりました。沿線には合計10駅がありますが、乗降できる駅は、始発の「宇奈月(うなづき)駅」、「黒薙(くろなぎ)駅」、「鐘釣(かねつり)駅」、そして終点の「欅平(けやきだいら)駅」の4駅です。それ以外の駅は、発電所やダムの関係者が乗降する駅なので通過するだけです。宇奈月駅から欅平駅までの走行距離は20.1km、所要時間は片道約1時間20分です。41本のトンネルをくぐり、21本の橋を渡ります。

黒部峡谷には、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車が走っています。トロッコとは、工事現場から土砂や石などを運搬する貨車のことで、もともと1923年から黒部峡谷のダム建設の作業者や資材を運搬する作業用列車として運行していましたが、登山者などの強い要望で1953年からは旅客用列車としても運行するようになりました。

トロッコ列車の客車には、無蓋車に簡便な雨除けの付いた車両と屋根とガラス窓がついた豪華な車両があります。

黒部峡谷鉄道 宇奈月駅 新山彦橋 やまびこ 記念撮影

宇奈月駅を出発してトロッコ列車が最初に渡る赤い鉄橋が「新山彦橋」です。列車の音が「やまびこ」となって温泉街に響き渡るので、この名前がつきました。すぐ横にある赤い橋は、かつてトロッコ電車の軌道だった「山彦橋」で、現在は遊歩道の一部になっています。宇奈月駅の発着時刻を確認しておくと、新山彦橋を渡るトロッコ列車が撮影できます。

黒部峡谷には、ダム建設後、貯水しても猿が対岸に渡れるように猿専用の橋が作られています。

ダム建設後、貯水しても猿が対岸に渡れるよう猿専用の橋が作られました。車窓からの見学です。

黒部峡谷のうなつき湖には西洋の城をイメージした新柳河原発電所があります。

うなづき湖の湖畔には、西洋の城をイメージにした水力発電所があります。発電所の近くには駅がありますが、発電所やダムで作業する人たちの専用駅なので乗降することができません。車窓からの見学です。

黒部峡谷鉄道の黒薙駅ホームの一部は黒薙川に架かる後曳橋の上にあります。

黒薙駅ホームの一部は黒薙川に架かる鉄橋「後曳橋」の上にあります。後曳橋は、人を寄せつけない深く険しい谷に架かる青い橋です。高さ60m、長さ64m。谷を見下ろすと思わず後ずさりしてしまうほどの深い谷なので、後曳橋と名付けられました。

黒部峡谷鉄道の鐘釣駅を下車してすぐのところに「万年雪展望台」があります。

鐘釣駅を下車してすぐに「万年雪展望台」があります。黒部川を挟んだ対岸にある山に降った雪が雪崩となって堆積して、次の冬になって新しい雪が降るまで残っているので万年雪と呼ばれています。毎年5月頃までは雪の量が多いです。

黒部峡谷鉄道の鐘釣駅から階段を下りた河原には鐘釣温泉の露天風呂があります。すぐ目の前には黒部川が流れています。

鐘釣駅から階段を下りた河原には鐘釣温泉の露天風呂があります。すぐ目の前には黒部川が流れています。どこを掘っても温泉が湧き出るので、自分だけの露天風呂を作って楽しむことができますが、たくさんの観光客が鐘釣温泉までやって来るので、ほとんどの人は足湯を楽しんでいます。

黒部峡谷の猿飛峡は黒部川本流の中で最も川幅が狭く、猿が飛び越えられるくらいの川幅なので猿飛峡と名付けられました。

欅平駅から約30分歩いたところに「猿飛峡」があります。猿飛峡は黒部川本流の中で最も川幅が狭く、猿が飛び越えられるくらいの川幅なので、猿飛峡と名付けられました。黒部峡谷の代表的な景観で、特別名勝・特別天然記念物に指定されています。

黒部峡谷鉄道の終点・欅平駅を下車。張り出した岩盤が大きな口を開けて歩く人を飲み込んでいるように見えるので人喰岩と呼ばれています。

終点・欅平駅を下車。奥鐘橋を渡ったすぐに「人喰岩」があります。張り出した岩壁が、まるで大きな口を開けて歩く人を飲み込んでいるように見えるので、人喰岩と呼ばれています。安全のためにヘルメットが用意されています。人喰岩から祖母谷川を沿って、さらに奥へ進むと「祖母谷地獄(ばばだにじごく)」「祖母谷温泉(ばばだにおんせん)」があります。祖母谷エリアはいたるところで地面から温泉の湯気が吹き上がっていて、まるで地獄のような雰囲気です。

欅平駅と黒部ダムの間には、関西電力の発電設備の保守や資材運搬するための黒部ルートと呼ばれる輸送路があって、全区間(約18km)がほぼトンネルです。トンネル内では鉄道やケーブルカーが稼働していて黒部川第四発電所などの設備を見学ができるようになっています。

欅平駅と黒部ダムの間には、黒部ルートと呼ばれる全区間(約18km)がほぼトンネルの輸送路があります。このトンネルは、黒部川第四発電所や第三発電所の建設のために掘削されたトンネルですが、現在も発電施設の保守や資材運搬のために鉄道や作業用ケーブルカー(インクライン)が稼働しています。関西電力では、多くの人に水力発電事業を知ってもらうために黒部ルート見学会を開催しています。(2023年まで公募による見学会です)

 

この記事を書いた人

どもども

記事にコメントするにはログインが必要です

ページのトップへ戻る