伊坂プレス トラベルマガジン

アカウント作成 ログイン
ホーム > 老若男女が大喜びする佐渡島の伝統芸能「つぶろさし」は、あまりにも卑猥すぎて目のやり場に困るけど、そのリズミカルな動きに心奪われる。まさに珍祭!

新潟県佐渡島の伝統芸能「つぶろさし」

老若男女が大喜びする佐渡島の伝統芸能「つぶろさし」は、あまりにも卑猥すぎて目のやり場に困るけど、そのリズミカルな動きに心奪われる。まさに珍祭!

2020/11/21

 

新潟県佐渡島の南部・羽茂(はもち)地区に伝わり、新潟県の無形文化財に指定されている伝統芸能「つぶろさし」を紹介します。

「つぶろさし」は、五穀豊穣、子孫繁栄を祈願して神社に奉納する神楽のひとつです。400年から500年くらい前に、羽茂のお殿様に仕えていた茶坊主が茶道の修業の際に京都から持ち帰ったという説、祇園祭の芸能屋台で習得して持ち帰ったという説があります。神社によっては、獅子が出るものや鬼が出るものなどがあって内容は若干の違いがありますが、共通して男性役の「つぶろさし」と女性役の「ささらすり」が登場します。

佐渡島の伝統芸能「つぶろさし」演者はつぶろさし、ささらすり、銭太鼓

登場人物は「つぶろさし」、「ささらすり」、「銭太鼓」の3人です。

「つぶろさし」の「つぶろ」とは男性器のことで、「さし」は「さする」が転化したといわれ、精力絶倫男という設定です。美しい女性役の「ささらすり」は、簓(ささら)という竹の棒をこすりあわせ音を出しながら「つぶろさし」を誘惑します。そこにお金持ちでグラマーだけど醜女という設定の銭太鼓(醜女なので顔を頭巾で隠しています)が登場して、胸やお尻をプリプリさせ、タンバリン(銭太鼓)をジャラジャラと鳴らしながら「つぶろさし」を誘惑します。

佐渡島の伝統行事「つぶろさし」は毎年6月15日の羽茂まつりで見物できます。

「つぶろさし」、「ささらすり」、「銭太鼓」の演者は全員男性です。笛や太鼓を演奏するお囃子の人もいれると、だいたい10人くらいの構成になっています。演舞の時間は10分くらいで、軽快なお囃子をバックにして、「つぶろさし」が巨大な張り形をユーモラスに動かし、その巨大な張り形を股に挟んだ状態でステップを踏みながら舞い始めます。次第に「つぶろさし」は張り形をさすりはじめ、その手つきはなめらかな動きとなり、巨大な張り形は脈打つかのような動きになります。美しい「ささらすり」や肉体美の「銭太鼓」に誘われると、「つぶろさし」の股に挟んだ巨大な張り形は、さらに乱れ舞います。そして、激しく張り形をしごいた後、先端から「何か」を拭い取って、辺りに何度も何度もばら撒くような仕草を繰り返して演舞は終わりになります。

五穀豊穣、子孫繁栄を祈願して「種」を撒いています。

毎年6月15日の羽茂まつりのイベント(羽茂商工会前の広場)で「つぶろさし」が見物できます。(羽茂まつりの当日は、夜遅くまで「つぶろさし」は地区内の家々や商店を門付して回っています)

 

この記事を書いた人

どもども

記事にコメントするにはログインが必要です

ページのトップへ戻る