伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
LANGUAGE
首頁 > 旅遊雜誌 > 長野縣 > 外國觀光客數量激增!為何長野縣的日本獼猴如此受到外國人的歡迎呢?

外国人観光客が急増中!長野県のニホンザルはなぜ外国人に人気なのか?

外國觀光客數量激增!為何長野縣的日本獼猴如此受到外國人的歡迎呢?

2021/01/22

 

坐擁志賀高原和湯田中澀溫泉郷的長野縣山之內町是日本獼猴棲息的山地,冬天相當寒冷,一年之中約有三分之一皆被雪覆蓋。棲息在山之內町「地獄谷」區域的日本獼猴,是在海外也相當有名的「會泡溫泉的猴子」,又被稱為「snow monkey」。

會泡溫泉的日本獼猴於1970年被刊載作為美國攝影雜誌的封面,1998年的長野冬季奧運會之後也被各國媒體爭相介紹。此外,由於在2006年國際攝影大會「snow monkey」的作品獲得最高獎等因素,日本獼猴在世界上越來越知名,每年從海外前來造訪的旅遊客也越來越多,現在的觀光客將近有一半為外國人,由此可見是超級具有人氣的觀光景點。

地獄谷には1年を通してニホンザルの生態が観察できるよう整備されています。近くの温泉郷で人間が入る露天風呂に野生のニホンザルがよく入りに来ていたので、1964年、世界で初めてサル専用の露天温泉をつくりました。

地獄谷整備完善,一整年都可以在此觀察到日本獼猴的生態。由於日本獼猴經常跑來人類的露天溫泉泡澡,因此,於1964年特別建立了一個世界首創的猴子專用露天溫泉池。

地獄谷のニホンザルが温泉に入るのは、冬の厳しい寒さに耐えるためなので、季節が暖かくなると積極的に温泉には入りません。しかし、普通の動物園と違って、近距離で野生のニホンザルを見ることができるのは魅力です。地獄谷のニホンザルは人間を怖がりません。観光客から害を与えられたり、餌をもらえないと認識しているので、余程のことがない限り、人間に危害を加えたりはしません。

地獄谷的日本獼猴泡溫泉的目的是為了抵禦嚴酷的寒冬。當天氣變暖時,就不太會去泡溫泉了。和一般的動物園不同,在此能近距離看到野生的日本獼猴,這也是此地的魅力所在。地獄谷的日本獼猴不太害怕人類,他們知道觀光客不會傷害牠們、也知道光觀客不會餵他們飼料,所以在不受到威脅等的情況下,通常不會攻擊人。

国の天然記念物の「渋の地獄谷噴泉」があります。水蒸気や熱湯が噴き上がる様子は古くから地獄として恐れられていて、地獄谷の名前の由来にもなっています。

被登錄為國家天然紀念物的「澀之地獄谷噴泉」。水蒸氣和熱水向上噴發的様子,自古以來被認為有如地獄般地可怕,也因此有了地獄谷這樣的名字。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る