伊坂プレス トラベルマガジン

註冊新帳號 登入
首頁 > 旅遊雜誌 > 香川縣 > 香川縣的琴平町現在還保留著江戶時代的劇場。現場的工作人員非常熱心且用簡單易懂的方式為我們介紹了舞台的設備。即使不是歌舞伎的粉絲也能玩得很盡興。下次來的時候一定要欣賞看看真實的歌舞伎。

香川県の琴平町には江戸時代の芝居小屋が今も残っている。説明上手なスタッフが舞台装置について熱く語ってくれた。歌舞伎ファンじゃなくても楽しめる。今度来たときはリアルな歌舞伎が見てみたい。

香川縣的琴平町現在還保留著江戶時代的劇場。現場的工作人員非常熱心且用簡單易懂的方式為我們介紹了舞台的設備。即使不是歌舞伎的粉絲也能玩得很盡興。下次來的時候一定要欣賞看看真實的歌舞伎。

2021/01/22

 

位於香川縣琴平町的“舊金毘羅大芝居”(金丸座)建於江戶時代末期(1835年),是日本現存最古老的劇場。坐鎮於琴平町的金刀比羅宮自古以來受人們所熟知,並有著“Konpirasan”的愛稱。全國無數參拜者慕名前來,甚至在江戶時代還有著“一生裡一定要去金毘羅參拜一次”的說法。金刀比羅宮周邊建有“門前町”(香火鼎盛的寺院或神社周邊形成的商業城鎮),小鎮上舉行著歌舞伎、相撲、木偶劇等可供參拜者們遊玩的娛樂表演。

「金毘羅大芝居」は、江戸や大坂の人気の歌舞伎役者が舞台を踏み、その舞台を鑑賞した金刀比羅宮の参詣者によって全国に「金毘羅大芝居」の名前が広まりました。

由於江戶和大阪的知名歌舞伎演員在此登台表演過,加上觀賞過該表演的金刀比羅宮的參拜者們的口耳相傳,“金毘羅大芝居”的名聲傳遍了日本全國。

しかし、時代の移り変わりとともに人々の娯楽も変化して、明治時代以降、一時は映画館になった時もありましたが、江戸末期の重要な劇場建築として評価されて、1970年に国の重要文化財に指定されました。

然而,隨著時代的變遷,人們的娛樂節目也發生變化。明治時代以後,雖然有段時間進入了電影時代,但這裡仍因被評為江戶末期的重要劇場建築,而於1970年被指定成了國家重要文化遺產。自1972年開始,共花費4年的時間將該建築遷移到現在的地點並進行了復原,而在原址興建了歷史民俗資料館。

1985年より毎年4月に「こんぴら歌舞伎」が公演されていて琴平町の春の風物詩にもなっています。公演がない時は、舞台・客席・控室・舞台装置など舞台裏が一般公開されています。見どころは、「奈落」と呼ばれる舞台や花道の床下です。床下の深さは2.5m、壁は石積みになっていて足元は土間になっています。暗い場所が地獄をイメージさせるので、地獄を意味する「奈落」と名付けられました。奈落にある舞台装置はすべて人力で動かします。

從1985年開始,每年4月這裡都會舉行“金毘羅歌舞伎”公演,這也成為了琴平町的春季代表活動。沒有公演的時候,舞台、觀眾席、演員休息室、舞台裝置等後台會開放給一般民眾。這裡的看點是被稱為“奈落”的舞台及花道(用於演員進出舞台的挑高走道)的下方空間。花道下方深2.5米,側壁由石頭堆積而成,地面為可以拖鞋行走的走廊。由於黑暗的地方會讓人聯想到地獄,所以人們將之命名為含有地獄意思的“奈落”。在奈落裡的舞台裝置全都是由人力驅動的。

建議可以和該處工作人員一起參觀館內。

 

這篇文章的作者

どもども

您需要登錄才能對文章發表評論

ページのトップへ戻る