伊坂プレス トラベルマガジン

アカウント作成 ログイン
LANGUAGE
  • English
  • 日本語
  • 한국어
  • 简体中文
  • 繁體中文
ホーム > トラベルマガジン > 石川県 > 白米千枚田は世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」を代表する美しい景観の棚田です。

白米千枚田 イラスト

白米千枚田は世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」を代表する美しい景観の棚田です。

2022/03/31

 

「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、石川県輪島市にある棚田です。棚田とは傾斜地にある田んぼのことです。日本海に面して1004枚の大小さまざまな田んぼが段々になって海岸まで続く景観は国の名勝に指定されていて、2011年「能登の里山里海」の構成資産として世界農業遺産に登録されました。

白米千枚田 田植え イラスト

白米千枚田の稲作は、田んぼの1枚1枚が小さいために機械化できず、多くの人手と時間が必要なために高齢化や後継者不足の地元だけで棚田を維持するのは難しくなっています。白米千枚田の美しい景観を守るために「白米千枚田オーナー制度」があります。オーナー制度では、会員が「オーナー」として年会費を支払い、「マイ田んぼ」として「田起こし」「あぜ塗り」「田植え」「草刈り」「稲刈り」の農作業を体験します。収穫したお米は受け取ることができます。

白米千枚田と夕日 水をはった水田が水鏡となって写し出されているイラスト

4月下旬から5月上旬の田んぼに水が張られて田植えまでの間、田んぼの一つ一つが水鏡となって夕日を映す風景はとても綺麗です。

白米千枚田のイルミネーションのイラスト

毎年農閑期の10月から3月にかけて、2万5000個のLEDが彩るイルミネーションイベントが開催されます。日没後15分毎にピンク・グリーン・ゴールド・ブルーとゆっくり色を変えながら点灯して、4時間後には徐々に消えていきます。

 

この記事を書いた人

どもども

記事にコメントするにはログインが必要です

こちらの記事もチェックしよう!

ページのトップへ戻る