伊坂プレス トラベルマガジン

注册账号 登录
首页 > 旅游杂志 > 鸟取县 > 在日本神话〈因幡之白兔〉里出现的鸟取县白兔海岸是日本第一个爱情故事的发源地!

鳥取県鳥取市にある白兎海岸は『因幡の白兎』の舞台になった海岸です。

在日本神话〈因幡之白兔〉里出现的鸟取县白兔海岸是日本第一个爱情故事的发源地!

2020/11/22

 

有美丽白沙滩的鸟取县白兔海岸是日本神话〈因幡之白兔〉的重要场景,也被选为「日本百大海岸」之一。白兔海岸是鳥取沙丘的一部分。在白兔海岸的离岸处有座白兔栖息的小岛,叫做“淤岐之岛”。淤岐之岛到白兔海岸间相连着暗礁群,仿佛神话中白兔从淤岐之岛横渡到白兔海岸时踏过的鲨鱼群一般。

『因幡の白兎』大国主神と八十神は八上姫にプロポーズするために出雲から因幡へ出かけました。

根据日本神话〈因幡之白兔〉中记载,当时“大国主神”和“八十神(大国主神的兄弟神)”为了向八上姬求婚,从出云之国(现岛根县)前往因幡之国(现鸟取县)。

『因幡の白兎』騙されたサメは白兎の皮を剥ぎ取りました。

同时,因洪水而被冲到淤岐之岛的白兔正思考着如何回到因幡之国。白兔企图欺骗海里的鲨鱼,将牠们排成一列使自己能渡海回去,但很不幸地,最后一只鲨鱼发现白兔在欺骗牠们,一气之下将白兔的皮剥光。

『因幡の白兎』八十神は白うさぎに傷口を海水で洗い日光を浴びて風に晒すと治ると教えました。

恰巧八十神发现了受伤的白兔,并教导白兔用海水清洗伤口再晒太阳吹干,伤口就会治好。白兔照着做,但伤口却恶化的更严重。

『因幡の白兎』大国主神は白うさぎに蒲の穂を傷口に塗るよう教えてあげました。

后来,大国主神也发现正在哭泣的白兔,询问来由后,便教牠用清水清洗伤口,再到香蒲花粉上躺着休息,伤口就会治好了。白兔照着做,也果真恢复了。

『因幡の白兎』白うさぎは大国主神と八上姫は結婚すると予言しました。

后来大国主神收到白兔的预言:祂将会和八上姬结婚。

鳥取市の白兎海岸は『因幡の白兎』の舞台になった海岸です。

白兔海岸的西端、距离“气多之前”150公尺的离岸,有『因幡之白兔』里白兔居住的淤岐之岛。淤岐之岛到白兔海岸间有暗礁群相连,在『因幡之白兔』里,暗礁群被比喻做成鲨鱼的背。沿岸处有座纪念此神话的石碑。

白兎海岸は「恋人の聖地」として有名です。「愛の鐘」が設置されています。

由于传说是白兔促成了大国主神和八上姬这对恋人,因此白兔海岸也以“恋人的圣地”闻名。“气多之前”的展望广场(亦称“白兔之丘”)有设置“爱之钟”。若天气好,可以看到东方的鸟取沙丘以及西侧的大山。

白兎海岸の恋島には石灯籠が置かれています。恋島は大国主神が八上姫にプロポーズしたところです。

有座被叫做“恋岛”的岩石被埋没在淤岐之岛附近的海滩。据说恋岛是大国主神向八上姬求婚的地方。1858年,当地的年轻人在恋岛上设置石灯笼。

白兎神社の参道には狛兎が置かれています。

白兔海岸有座祭祀白兔的白兔神社。附近的原生林更被指定为国家的天然纪念物。

 

本文作者

どもども

您需要登录才能对文章发表评论

延伸阅读

ページのトップへ戻る